タグ:DANCE MUSIC ( 2 ) タグの人気記事

 

LAFETE FINAL ISSUE(TO THE EDEN)

LAFETE FINAL ISSUE (TO THE EDEN)

d0141503_3295586.jpg


●日付
6月19日(SAT)

●時間料金
21:00~SUNRISE
1000YEN(1D/ORDER)
限定100名オリジナルコンピレーションCD+限定40名ノベルティ(マグカップ)
&アフターフード

LA FETE HOPES TO SEE YOU AGAIN AT THE DANCE FLOOR SOMEWHERE!
回を増す度に質を上げ(当パーティー比w)てきたLA FETEは今回で15回目を迎え、同時に終焉も迎えます。
今回はファイナル、そして今までこのパーティーを続けられたことへの感謝を込めて、通常のコンセプトCDシリーズ[LAFETE TRANSIT]に加え、過去にLA FETEでサンプリングしたデザインを更にリエディットしたマグカップを、それぞれ数に限りはありますがノベルティとしてご用意しております。
LA FETEは終りますが、皆さんと今後もどこかのダンスフロアでお会い出来ることを願っています。

◎GENRE
HOUSE,TECHNO,DISKO,BLACK MUZIK &ALL DANCE MUZIK
◎BLOG
http://amaradio.exblog.jp/
◎STARRING DJ
FUKAMII
真太郎
IJIMA
WACKMANN
TAKA
RYOHEI
◎VISUAL PERFOMANCE
AK.[ARTTECTURE]
◎LIGHTING
YUSUKE[ONOVU | BLACK MIST MOUNTAIN]
◎PHOTO
Shinya Matsushima
◎FOOD 
SJORA
[PR]

  by amazingradio | 2010-05-28 03:30 | WACKMANN

いつかのGOOD PARTY!!

from Fukamii


ってことで、初UPしてみます。

せっかくなんで、本音的なところで思いを!!



ここ2,3年はAMAZING RADIOというクルーで、福岡市内を中心としてゲストイベントサポート、レギュラーパーチィ主催してDJとして活動してきて、率直に感じたことだけど、

福岡って人口の割りに音楽追いかけてる人が非常に少ない。。。なぁ~って思う!!

メディアやランキング的なものに左右されているお客さんがとても多いと感じる。

それはそれで悪いことではないと思うけど、せっかくCLUBに何かを期待して来たのに、音を楽しむって言うまでに至らないため、心が動かされることが無い。結果として一過性の遊びで終始してしまう。

ゲストイベントなんかで、フロアの前の方だけが盛り上がってて、後のお客さんは揺れることも無く棒立ち。。。ラウンジの方が色んな意味で盛り上がってる!!

そんな光景を見ると演者とお客さんとの溝の深さにものすごく責任を感じるし、ホントに虚しくなる。。。

CLUBの楽しみ方って人それぞれだけど、

DANCE MUSIC PARTYはやっぱり躍らせてナンボ!!

だと思うし、その楽しみ方を伝えることが仕事なわけだし。

GOOD PARTYはフロア全体の一体感が素晴らしいし、ピースなエネルギーに満ち溢れている!!

見渡せばみんなが笑顔で、DJとオーディエンスが完全にひとつになってる!!

1曲1曲に一喜一憂してDJとオーディエンスが音を通じて会話して。。。

僕自身、そんなパーティーの時はフロアから出たくないし、お酒より汗の量が多い!!

そして、朝になると物足りなさと達成感で溢れる!!

そんな時マジで最高!!

家かえって、ベッド入っても直ぐに寝れなかったり。

もっとみんなで感動したい。。。

結局、お客さんに求めるだけでは絶対何も始まらないだろうから、

少しでも沢山の人と感覚を共有していくことが必要だと感じる。

確かにこれだけDANCE MUSICが溢れている状態で、何も知らない人が好きなものを探すというのは困難な作業なのかもしれない。

だからこそ、伝えれる人がしっかりと伝えていかないといけないといけない。

そういう意味で、伝える側の演者は責任が大きいと思うし、そういう自覚が必要だと思う!!

怠慢になったり、しっかり伝えることができなければ、やってる意味が無いし、やめてしまった方がいい。そこに音楽に対しての愛はないしね!!

自分も責任持って伝え続けていこうと思う!!


AMAGING RADIOはいつかのGOOD PARTYを目指して泳いでいます!!
[PR]

  by amazingradio | 2008-08-27 14:31 | Fukamii

skin - Re-Edited:ARTTECTURE